【新着記事】2022/5/16 ゆか先生のかるた教室▶︎

【競技かるた】勝つための5つの力〜強くなりたい・昇級したい方へ

どうも!Karuta Club部長の川瀬です。
今回は、競技かるたが強くなりたい方に向けての記事です。

競技かるたは、才能不要で、だれでも強くなることができるスポーツです。
それは、競技かるたは「5つの力」の総合力勝負だから。

本記事では、「5つの力」とは何か、その全体像をご説明します。

この記事の概要

競技かるた強くなりたい!」と思った方に

  • 競技かるたで勝つための「5つの力」を教えます
  • 競技かるたは、「5つの力」の総合力勝負であることがわかります
  • 競技かるたは、誰でも強くなれるスポーツである理由がわかります

競技かるたで勝つための「5つの力」とは?

ずばり、競技かるたで勝つために必要な「5つの力」は以下です。

競技かるたで勝つための5つの力
競技かるたで勝つための「5つの力」
  1. 札を覚える力
  2. 体を動かす力
  3. 音を聞く力
  4. 勝ち方を考える力
  5. 心と向き合う力

競技かるたで勝つためには、これらの「5つの力」を高めましょう。
では、それぞれの力について、詳しくみていきましょう。

① 札を覚える力

「札を覚える」とは、「暗記」です。
競技かるたには、4つ覚えることがあります。

競技かるたの4つの覚えること
  1. 決まり字
  2. 100枚の内訳
    例えば、1字決まり7枚・「な」札は8枚・「あ」札は16枚…など
  3. 札の配置
    自陣の定位置・相手陣の定位置・移動した札の場所を覚え直す
  4. 決まり字の変化

② 体を動かす力

「体を動かす」とは、基本的な体の動かし方のことです。
競技かるたの基本的な体の動きは、2種類あります。

競技かるたの基本的な体の動き
  1. 構え
  2. 札の取り方
    「払い」「突き」「囲い」「おさえ」…など

 音を聞く力

「音を聞く」とは、以下のステップに分解できます。

競技かるたの「音を聞く」ステップ
読みを聞く
読まれた札が何かを判別する
タイミングを合わせて取る



✔︎1字目から手を出して、札ぎわでタイミングを合わせる
✔︎手元で待って、決まり字がわかってから札を取る

④ 勝ち方を考える力

「勝ち方を考える」とは、自分の勝ちパターンをつくることです。
例えば、以下のようなことを考える力ですね。

競技かるたの勝ち方を考える例
  • どの札を送るか?
  • どの札を重点的に取るのか?
    相手陣?自陣?1字決まり?「あ」札?

⑤ 心と向き合う力

「心と向き合う」とは、メンタルコントロールのことです。
①〜④の力を発揮するための土台といえます。
例えば、以下の要素があります。

競技かるたで向き合う必要のある心理
  • 緊張
  • あせり
  • 迷い
【競技かるた|メンタル】緊張をコントロールする方法〜勝率100%は無理と知る〜

競技かるたで「5つの力」の総合力が大事な理由

競技かるたは、「5つの力」があってはじめて、札を取ることができ、試合に勝てます。
そのため、競技かるたで勝つためには、「5つの力」の総合力が大事です。

逆にいうと、「5つの力」のうち一つでもないと、札が取れませんし、試合に勝つことはできません。
例えば、「5つの力」のいずれかがない場合、以下のような症状が生じます。

  1. 札を覚える力がない
    ✔︎札の場所がわからないので、相手に取られる
  2. 体を動かす力がない
    ✔︎どの札が読まれたかわかって、札の場所もわかっているのに、相手に先に札を取られる
  3. 音を聞く力がない
    ✔︎読まれた札がわかった時には、既に相手に取られていた
    ✔︎お手つきしてしまう
  4. 勝ち方を考える力がない
    ✔︎①〜③まで十分な力があるのに、札がうまく取れない
    ✔︎大事なところで札が取れない
  5. 心と向き合う力がない
    ✔︎緊張・あせり・迷いによって、大会で力が発揮できない
    ✔︎なまけ心・高すぎるプライドによって、なかなか強くなれない
A子
A子

う…自覚症状があります…

A子さんのように、症状に心当たりがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

このように、競技かるたで勝つためには、「5つの力」がそろうこと、つまりは「5つの力」の総合力が大事になるのです。

誰でも競技かるたで強くなれる理由

競技かるたは、誰でも強くなることができます。
その理由は、競技かるたは、強みを活かし、弱みをカバーできた人が勝つスポーツだからです。

先ほど説明しましたが、競技かるたで勝つためには、「5つの力」をすべて高める必要があります。

B男
B男

「5つの力」ぜんぶ高めるなんて無理ですよ!

はい、そうですね。
「5つの力」すべての才能がある人はいません。
そんなの、かるたの神様くらいです(笑)。

ですが、それは裏を返せば、競技かるたは誰でも強くなることができる、ということ。

例えば、③「音を聞く」才能がある人も、①「札を覚える力」や②「体の動かし方」などは、地道に努力して身につけるしかありません。

才能だけでは勝てないのが競技かるたなのです。

また、たとえ、③「音を聞く力」は相手の方がすぐれていたとしても、④「勝ち方を考える力」で上回って勝つこともできます。

競技かるたは、強みを活かし、弱みをカバーできた人が勝つスポーツです。
だから、誰でも強くなることができるんですね。

競技かるたで「勝つサイクル」をつくる

ここまで読んできたあなたは、競技かるたで勝つためには、「5つの力」を高める必要があることは、理解できたのではないでしょうか?

「5つの力」を高める重要性を理解できたならば、「勝つサイクル」を作りましょう。

B男
B男

「勝つサイクル」?

「勝つサイクル」とは、「勝ちにつながる試合中の行動の積み重ね」のこと。
勝ちにつながる行動を正しく積み重ねられると、どんどん強くなり、勝てるようになります。

例えば、こんな行動の積み重ねが考えられますね。

競技かるたで勝つための「勝つサイクル」例
札を覚える

①札を覚える力

札を取る

②体を動かす力
③音を聞く力

次の札の取り方を考える

④勝ち方を考える力
✔︎何の札を取りにいくか?
✔︎何の札なら取れそうか?
✔︎送り札はどうするか?
✔︎自陣の札をどう移動するか?

札の取り方に応じて、重点的に取る札を決める

①札を覚える力

重点的に取ると決めた札を取る

②体を動かす力
③音を聞く力

このループをうまく回す

⑤心と向き合う力

A子
A子

「勝つサイクル」ってどうやって作るの?

「勝つサイクル」を作るには、まず自分の得意なこと、できることをしっかり把握しましょう。

そして、得意なことできること活かせるシチュエーションを増やし、少しでも相手より先に取れる札を増やせるようにすることです。

例えば、一字目の飛び出しが得意なら、決まり字が短い札を積極的に送って、相手陣に攻め込みやすくする。
札際の聞き分けと加速が得意なら、音や決まり字が四方に散るように配置していく、といった具合です。

B男
B男

自分にできることってなんだろう?

A子
A子

得意なことは分かるけど、活かすにはどうしたらいいんだろう?

  • 自分の得意なこと、できることが分からない
  • 得意なこと、できることを活かせるシチュエーションの作り方がわからない

そんな人には、オンライン部活動「Karuta Club Room」がおすすめです。

Karuta Club Room には、初心者〜A級まで、様々なかるたのスタイルの選手が集まってきています。
そのため、いろんな「勝つサイクル」を参考にしながら、自分に合ったものを探すことができます

川瀬部長
川瀬部長

もちろん、名人の「勝つサイクル」についてもお伝えします

Karuta Club Room について知る

どうしても苦手な力がある君へ〔補足〕

A子
A子

どうしても苦手な力があって…強くなれないかも…

苦手な力があっても、大丈夫です!

克服しようとする努力は必要ですが、ある程度は、他の力の配分を高めることで、対処できます。

例えば、

③「音を聞く力」が弱い場合の例

②「体を動かす力」でカバー!

  • 腕を振る速度をあげる
  • 決まり字の音を聞く場所を、できるだけ札の近くにする

…など

結論

競技かるたで勝ちたいのであれば、「5つの力」を高めましょう。
「5つの力」は以下の通りでした。

競技かるたで勝つための5つの力
競技かるたで勝つための「5つの力」
  1. 札を覚える力
  2. 体を動かす力
  3. 音を聞く力
  4. 勝ち方を考える力
  5. 心と向き合う力

上記の「5つの力」をうまく使って札を取り、あなた独自勝つサイクル」を作りましょう。

ここまで読んできたみなさんは、競技かるたで勝つための意欲が十分ある方ばかりだと思います。
本記事の内容を理解し、あなた専用の「勝つサイクル」が築ければ、きっと強くなれるはずです。

今後は「5つの力」を具体的に高める方法を発信していきますので、お楽しみに!