【新着記事】2022/5/16 ゆか先生のかるた教室▶︎

【競技かるた|メンタル】緊張をコントロールする方法〜勝率100%は無理と知る〜

どうも!Karuta Club部長の川瀬です。
今回は、競技かるたで勝つための5つの力のうち「⑤心と向き合う力」の内容です。

よく、こんな声をいただきます。

  • 「次の大会で絶対に昇級したいです」
  • 「大会で緊張してしまって、いつもの実力が発揮できません」
  • 「大会で緊張でお手つきがいつもより増えてしまいます」

今回は、大会で緊張や勝ちたい気持ちをコントロールするための1つの方法として、「勝率100%は無理」「大会で絶対に昇級するのは無理」という事実を受け入れるやり方をご紹介します。

ぜひ、マスターして、昇級に一歩近づきましょう!

この記事の概要

大会で昇級したい!」と思った方に

  • 「勝率100%は無理」「大会で絶対に昇級するのは無理」な理由がわかります
  • それを踏まえて、緊張をコントロールする方法をご紹介します
  • より確実に昇級するために練習すべきことをご紹介します

“勝率100%は無理”である理由

すべての札を取るのは無理

例えば、自分と同じ級の人が相手だとして、最初に読まれた札は取れるでしょうか?

あいちゃん
あいちゃん

得意な5枚くらいは絶対取れると思うけど…

B男
B男

別れ札は片方しか取れないな…

最初の50枚ある札のうち、自信を持って取れる札ってそんなに多くないですよね。

仮に昇級できるだけの実力があったとしても、実際に取れる札は30枚くらいで、残りの20枚は相手に取られてしまうのではないでしょうか。

これが、残り49枚、48枚、47枚…と減っていく中で、毎回行われるのが競技かるたです。

あいちゃん
あいちゃん

自分が取れない札が連続で読まれる可能性もあるよね…

そうなんです。自分の方が強かったとしても、相手に連取されてしまう可能性が常にあります

そして、練習でできるのは、以下のようなイメージで少しずつ取れる可能性を上げるだけです。

練習量自分取り相手取り
💪31枚19枚
💪💪32枚18枚
💪💪💪33枚17枚

相手が得意な札や狙っている札があることを考えると、50枚すべての札を取るのは無理でしょう。

ですので、勝率は高めることはできても、勝率100%にするのは不可能です。

勝ちパターンから外れる

B男
B男

試合全体を通して運が悪いことって少ないよね?

あいちゃん
あいちゃん

実力差がちゃんとあれば勝てるんじゃない?

そう思いますよね。でも、特にC級くらいまでは短時間の運の悪さが命取りになることも多いです。

というのも、勝ちパターン(得意な試合展開)を一つしか持っていないことが多いからです。そして、運の悪い時間が少し続くと、相手が得意(自分が苦手)なパターンになってしまい、取れる枚数が減ってしまいます。

極端ですが、最初の5枚をどちらかが連取すると、以下のようなイメージになります。

試合展開自分取り相手取り
勝ちパターン
(自分が5連取)
30枚15枚
それ以外
(相手が5連取)
20枚25枚

そうなると、いくら実力があっても自分の勝ちパターンに戻すことができず、そのまま負けてしまうわけです。

B男
B男

5連取されると、取れるはずの札も取れなくなるよね…

あいちゃん
あいちゃん

あせってお手つきしちゃうことも多いし…

ですので「勝ちパターンを増やしましょう」と言いたいところですが、B級になるまではあまりオススメしません。

理由は、しっかりとした勝ちパターンをまず1つ作ることが重要だからです。自分が一番得意なパターンの強さが微妙な状態で、いくら勝ちパターンを増やそうとしても器用貧乏になるだけです。

幸いB級までは3位入賞でも昇級できますので、「勝ちパターン1つ」をしっかり磨いて勝負しましょう。

注意事項

「勝ちパターン1つ」と言っても、同級相手に試合を10回やって7、8回は勝てるパターンでないと昇級できません。なかなか上手くハマらないパターン1つを磨いても昇級するのは難しいのでご注意ください。

トーナメント戦の厳しさ

昇級のためには、一度負けてしまったら終わりのトーナメント戦で勝ち上がる必要があります。

4、5試合やると、どうしても運の悪いタイミングが1度くらいは出てきますので、十分な実力があっても昇級できないことも珍しくないでしょう。

ですので、実力差がない相手に当たった時に運の悪いタイミングが来ないことを祈りながら、何度も大会に挑戦して運が巡るのを待つのが現実的です。

  • コロナウイルスのせいでほとんどの大会が中止※
  • 大会に出場するためには抽選を通過する必要

こうした状況の中でこんなことを言うのは大変心苦しいのですが、一つの現実として認識しておきましょう

※本記事公開時(2022/1/29)時点。

事実を受け入れて心と向き合う

ここまで説明した内容(事実)について、頭で理解できたのであれば、それを踏まえて感情をコントロールしましょう。

勝ちたい気持ちがいくら強くても、どれだけ練習をしていても、運が悪いと勝てません。

一番大事なことは自分にプレッシャーをかけすぎない、思いつめないことです。
昇級できなかったとしても、あなたのせいではありません

  • 「あなたが弱いわけではない」
  • 「たまたま運がなかっただけ」
  • 「何回か大会でないとね」

また、大会の試合中に相手にリードされて苦しくなったらこう思いましょう。

  • 「運が悪いタイミングが来ちゃったのね」
  • 「しばらく耐えて運が良くなるのを待とう、あせらない、あせらない」
  • 「(暗記)(暗記)(暗記)(暗記)(暗記)」

ここで、「自分は強いはずなのに」「やばいどうしよう」とか思うと、どんどん体は動かなくなりますし、邪念が入ります。大丈夫です、安心してください。ちょっと運が悪いタイミングが来ただけです。

川瀬部長
川瀬部長

「神が用意したイジワルな試練」くらいに思いましょう

また、周囲も「期待」という名のプレッシャーを背負わせないようにしましょう。
思っている以上に、大会で実力通りの結果を出すためには運が必要です。

昇級に向けて練習すべきこと

先程の「勝率100%は無理である理由」で説明した内容を踏まえると、同級で勝てる可能性、つまり昇級できる可能性を高くするには、すべての札を取ろうとした方が良さそうです。

つまり、同級の相手を上回る「そこそこの(スピードの)取り」で取れる枚数を増やす練習に注力した方が良いと言えます。

ただ、同級から取れていた「そこそこの取り」は、昇級するにつれて通用しなくなります。「そこそこの取り」のレベルが上がるからです。

「そこそこの取り、レベル2」ですべての札を取る相手にボコボコにされてしまいます。

自分取り相手取り
下の級40枚10枚
上の級10枚40枚

このようなイメージで、上の級ではまったく勝ち目がなくなってしまうのです。

B男
B男

上の級こわい…

一方、枚数がそこまで多くなくても、下の級のうちから「速い取り」を作っておくと、「そこそこの取り、レベル2」を上回って取れる札が何枚かあることになり、勝負になります。

自分取り相手取り
下の級30枚20枚
上の級20枚30枚
B男
B男

出札が良ければ勝てそう!

また、「速い取り」がない状態から新しく習得するのは結構大変で、時間がかかります。
一方、「速い取り」がすでにあれば、そのスピードで取れる札を増やせばよいので、新しく習得するより簡単です。

下の級のうちから、上の級でも通用する速い取りを習得しておいた方が後々の成長は早そうです。

ただ、下の級で少しの札をどれだけ速く取ったところで、勝率は上がりません。
そのため、より確実な昇級を目指したいのであれば、「速い取り」にこだわらず、「そこそこの取り」ですべての札を取る練習をした方がよさそうです。

川瀬部長
川瀬部長

取れる枚数とスピード…どちらに重きをおくかは指導者としても悩ましいですね…

おまけ

下記の2タイプが生まれる理由は、今回紹介したスタンスの違いにあるのでしょう。

・下の級に負けることもあるけど、上の級に勝つこともある
・下の級にはほとんど負けないけど、上の級に勝つこともほぼない

まとめ

今回は、競技かるたで勝つための5つの力のうち「⑤心と向き合う力」の内容として、「勝率100%は無理」という事実をご紹介し、それを踏まえて心と向き合う方法を解説しました。

心と向き合う際には、まず「自分の感情」と「客観的な事実」を切り分けて整理することが重要です。

感情で事実を覆そうとすると、心が無理をしてしまいますので、しっかり労ってあげてください。

なかなか昇級するのが大変なご時世ですが、努力は裏切りません💪
たった1、2回の結果で努力の成果を判断せず、前を向いてやっていきましょう。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!ポジティブ!