【新着記事】2022/5/16 ゆか先生のかるた教室▶︎

【競技かるた】15分の暗記時間の使い方〜札を覚える力

どうも!Karuta Club部長の川瀬です。
今回は、競技かるたで勝つための5つの力のうち「①札を覚える力」を高めるための、15分の暗記時間の使い方について解説していきます。

さっそく内容に入っていきましょう!

この記事の概要

競技かるた強くなりたい!」と思った方に

  • 15分の暗記時間の使い方がわかります。
  • 2分前の時間の使い方がわかります。
  • 名人(川瀬将義)の暗記方法がわかります。

15分の暗記時間の考え方

基本的な考え方

50枚すべての札について、取り方のイメージをしっかり暗記できれば、どんな方法でも構いません。

本記事でご紹介する内容はあくまで1つのサンプルです。周囲の人のアドバイスや自分なりの工夫でアレンジしてみてください。

川瀬名人
川瀬名人

私のやり方を紹介しますが、あくまで一例です

慣れてくるまでは非常に大変に感じますが、長年やっていると「定位置の定着」や「よくあるパターン」がスッと覚えられるようになり、気がつけば時間が余るようになっています。

なお、15分の暗記ですべての札を覚えないという戦法をとる方も一部いますが、すべて覚える戦法が基本です。特に初心者のうちは、覚えられる札の枚数(キャパシティ)を増やす努力を怠らないようにしましょう。

具体的な暗記方法

具体的な暗記方法については動画でも説明しています。

動画だけでは、細かい部分までは説明できていないので、記事も最後までぜひご確認ください。

川瀬名人
川瀬名人

動画では、私が暗記するときに、頭の中でどの札を追っているのかある程度わかるようになっています

STEP1. 自陣は並べながら覚える

自陣の札は並べながらだいたい覚えてしまいましょう。

定位置が定着していれば、「札がある」ことさえ分かれば、場所や取り方は簡単に暗記できます。

「定位置とは?」という方や、まだ決めていないという方はこちらの記事を参考にしてみてください。

STEP2. 相手陣を一通りながめる

自陣にある札を把握したら、今度は相手陣にある札を一通り眺めて把握しましょう。

このタイミングでは、どんな札があるかなんとなく分かればよいので、軽い気持ちでさらっと流すのがコツです。

しっかり覚えるのは「STEP3」からやっていくのでご安心ください。

「STEP2」までは、「STEP3」を効率よく暗記するための下準備くらいに思っていてよいでしょう。

まだ15分の暗記時間は始まっていない!?

実は、「STEP2」までは15分の暗記時間の計測が始まる前には終わっていて、「STEP3」を始めた頃にようやく計測が開始されます。

「え!?」と思った方もいるかもしれませんが、下準備がしっかりできていればそんなに難しくありません。

コツは以下の3つです。

すばやくSTEP2まで終わらせるコツ
  1. 札を混ぜ始めた時から暗記時間は始まっていると心得る
  2. 定位置をしっかり覚えておき、札をすばやく並べる
  3. 札を認識する速度を上げる

❶❷は言われてみれば、「そりゃそうだ」と思う内容かもしれませんね。
初心者のうちは、少しでも暗記時間を長くできるよう意識してみるとよいでしょう。

❸はピンと来なかった方もいるかもしれませんが、「えーと、この札は”あきの”だったな」とか考えている暇はないというだけです。

理想は札を見た瞬間にはその札が何か認識して覚えて、次の札に目を移せる状態を目指しましょう。

これを早くするためには「札流し(札落とし)」が一番です。やったことがない方は以下の記事を参照してみてください。

札流し 【競技かるた|小学生|2日目】札流しをしよう! 《決まり字の飽きない教え方》札流しのやり方を紹介

STEP3. 同じ音から始まる札のグループで覚える

人間はランダムな配列を覚えるのが苦手ですので、「同じ音から始まる札のグループ」に分けて暗記していきましょう。「グループ」の内訳については以下の記事で紹介していますので、ここでは割愛します。

【競技かるた|初心者向け】札配置の覚え方 100枚の音別枚数の内訳で覚える(むすめふさほせ順)

このパートでは、各グループごとに、どの札がどこにあるのか確認・暗記していきます。
やり方は2パターン考えられると思います。

  • 場にある札を見ながら、その音に関連するグループを確認する
  • グループの順番(むすめふさほせ、うつしもゆ…)で確認する

自分に合ったやり方を選んで実践しましょう。

川瀬名人
川瀬名人

私は自陣左上段から順に札を見ながらグループを確認します。

また、慣れてきたら、このタイミングで札の取り方のイメージを作りましょう
イメージを覚えることで「取れる暗記」につながります。詳しくはこちらをご参照ください。

STEP4. 目をつむって暗記ができているかテストする

一通りグループの確認が終わったら、札を見ないようにして、グループの順番(むすめふさほせ、うつしもゆ…)できちんと暗記できているかテストしましょう。

最初は、暗記できていない量が多いと思いますので、「覚えてない」「自信がない」と思ったら、その場ですぐに目を開けて再確認しましょう。
後述する「STEP5.抜け札を暗記し直す」を同時にやるイメージです。

慣れてきたら、自信がなかったグループを覚えておいて、後からまとめて抜け札(きちんと暗記できていなかった札)を確認するとよいでしょう。(一度目を開けると、次にテストする予定だったグループの札が目に入ってしまうことがあります。)

15分の暗記時間が余るようになってきたら、目をつむる代わりに離席しながらテストしてもよいでしょう。

STEP5. 抜け札を暗記し直す

「STEP4」のテストで暗記できていなかった札(抜け札)や自信のなかった札をしっかり暗記し直しましょう。

「STEP4」で抜け札が多い場合は、時間のある限り「STEP4」「STEP5」を繰り返しましょう。

【オプション】 残り時間を有効に使う

残り時間の有効な使い(例)
  1. とにかく暗記を繰り返す
  2. 最初の送り札を考える
  3. 重点的に取る札を強く暗記し直す
  4. ミスが多い札を確認する
  5. リラックスする

❶とにかく暗記を繰り返す

「札がどこにあるか」「その札と同じグループの札がどこにあるか」とにかく確認を繰り返しましょう。
※これを「暗記を回す」と言います。

やり方は「STEP3」でご紹介した2パターンのどちらかでよいとは思いますが、参考までに、私が大学生になるまでやっていたやり方(NEW✨)を1つ紹介します。

  • 場にある札を見ながら、その音に関連するグループを確認する
  • グループの順番(むすめふさほせ、うつしもゆ…)で確認する
  • 【New✨】場にある札に書いてある文字を見ながら確認する

【New✨】場にある札に書いてある文字を見ながら確認する

並んでいる札の文字を見て、目に入った文字で始まる札のグループを暗記します。

「あきの」なら「わ札」
「はるす」なら「こ札」
「あまつ」なら「め」

といった具合です。

このやり方のメリットは、目に入ったランダムな文字に反応する形で暗記できているかテストできる点です。

「音を聞いて反応する」という、実際に札を取るプロセスをかなり近い形で再現できています。

デメリットは、目に入る文字が偏る点です。(下句が「ひと」から始まる札がかなり多いなど)

川瀬名人
川瀬名人

暗記を反応につなげるのに慣れていない人は試してみてください

グループの順番で確認するデメリット!?

個人的には、できるだけランダムに暗記した方がよく、「グループの順番で確認」はSTEP4のテスト以外で使うのは避けた方がのではないかと思っています。

理由は、特に「グループの順番で確認」は効率が良すぎて、音を聞いて札の場所を思い出す力になっていない可能性があるからです。

  • 「グループの順番」という、札を取る際にまったく使わない記憶の経路で暗記してしまう可能性
  • 暗記の仕方が常に同じため、札を取る際にたどる記憶の経路パターンが少なくなってしまう
  • STEP4の 暗記ができているかテストする時と同じ暗記の仕方になってしまう

また、「場にある札を見て確認」は、ランダムであるうえ、正確な札の場所が覚えやすい、場にある札に応じて暗記の仕方が変わるため、暗記の強弱をつける感覚を磨ける、といったメリットもありそうです。

ただ、「実際に効果があるのか?」と言われると、ほんのちょっとの効果しかない気もします…。

ちなみに、今の私は、以下の理由から、大事だと思う札を感覚的に選びながら暗記を回しています。

  • 「札の場所を覚える=体が反応する」状態になったから
  • 感覚的に暗記しても抜け札がほぼ無くなったから

❷最初の送り札を考える

最初の送り札を考えておくと、相手陣の札を取った時に迷わず送れるので、暗記に集中できます。

もちろん、読まれた札や取った札によって状況が変わってしまう場合もあります。

ただ、送り札を第一候補、第二候補…のような形で2、3枚考えておけば、第一候補の状況が変わっても第二候補を送れば良いだけです。

川瀬名人
川瀬名人

送り札に迷いやすい人は、暗記時間のうちに少し考えておきましょう

❸重点的に取る札を強く暗記し直す

勝ちパターンで必ず取っているような、相手に取られると困る札の暗記は入念に行いましょう。

他の札より強く頭の中にイメージを残すことで、できるだけ取りこぼさないようにすることが重要です。

川瀬名人
川瀬名人

試合の組立に重要です。中級者以上は意識したいですね

❹ミスが多い札を確認する

同じようなミスをよくする札は、時間をしっかりかけて意識しましょう。
意識しないといつまでたっても直りません。

川瀬名人
川瀬名人

わたしの場合、ミスは暗記時間に時間をかけて修正することが多いです

❺リラックスする

ここまで、とにかく暗記をガンバレ!という内容でしたが、大会の暗記時間ではリラックスすることも重要です。

暗記時間の後は1〜2時間とかなり長い時間、集中する必要があります。
ですので、最後の休憩時間とも言えます。

もちろん、暗記をしっかりする必要はあるのですが、あくまで準備時間なので、自分の集中力の限界を使う場面ではありません。50〜70%くらいの集中で、ある程度リラックスしながら暗記できるとよいでしょう。

もちろん、練習では、全力で暗記することがトレーニングですので、特に暗記時間が余らない人は怠らないようにしましょう。

川瀬名人
川瀬名人

わたしは大会では必ず離席してリラックスするようにしています

【最後に】2分前になったら

2分前になったら、軽く素振りをして体を動かしましょう。体と心の緊張を解す効果があります。

ただし、素振りのやりすぎはルールで禁止されていますので、4すみ(相手陣左右、自陣左右)を2回ずつ計8回程度までに留めておきましょう。(※個人の感覚です)

また、素振りの際畳は叩かないようにしましょう。

2分前はあくまで少し体を動かせる時間です。準備運動は試合の開始前に終わらせておきましょう。

全日本かるた協会の競技規定細則には、禁止行為として「競技中に、必要以上に畳を叩くこと」と記載されています。
また、補足として、「畳を叩かなくとも、度を越した頻繁な素振りは行わないこと」との記述があります。(2022年2月11日時点)

なお、素振りの練習は、暗記と体の動きをつなげるのにかなり有効です。
特に初心者のうちは積極的に体を動かし、脳と体の動きが連動するように意識しながら暗記を再確認する練習が不可欠です。

本来は、対戦相手のいない場所で一人で行うべき練習ですが、ルールで禁止されていることをよく理解したうえで体を動かすことは、強くなるために悪くない選択肢のようにも思います。

注意事項

練習で頻繁な素振りを行う場合は、所属する会、練習の運営団体、対戦相手などに許可を取ったうえで、自己責任で行ってください

また、素振りが終わったら、序歌にかけて、改めて集中力を高めていきましょう

暗記を回すスピードを意識的に速めると、自然と集中力が高まると思うので試してみてください。

まとめ

今回は、競技かるたで勝つための5つの力のうち「①札を覚える力」の高めるための、15分の暗記時間の使い方について解説しました。

15分の暗記時間は、最終的に余るようになるので、正直どんなやり方でも構わないでしょう。
様々な人の暗記の仕方を聞いて、自分にあったやり方を探してみてください。

正解はありませんが、もし私のやり方が参考になったのであれば嬉しいです。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう!
次は、試合中の暗記の仕方かな…?