【競技かるた】攻めがるたがスタンダードとされる3つの理由

どうも!Karuta Club部長の川瀬です。

競技かるたの取り方のスタイルに正解はないとされますが、その中でも最も広く普及していると言えるスタイルが「攻めがるた」です。

今回は、なぜ「攻めがるた」がスタンダードとされるのか、私なりの解釈を解説したいと思います。

競技かるたで勝つための5つの力のうち「④勝ち方を考える力」を高める参考になれば幸いです。

この記事の概要

勝ち方を考える力を高めたい」と思った方に

  • なぜ「攻めがるた」がスタンダードとされるのかわかります
  • 「攻めがるた」の考え方を理解できます(理解できれば対策が考えられるようになります)
  • 競技かるたの勝ち方を考える観点の参考になります

なお、本記事でいう「攻めがるた」は、相手陣を取って札を送ることを重視したスタイルとします。

川瀬名人

川瀬名人

「自陣より相手陣をガンガン取るぜ!」というタイプですね。

注意事項

ここでお伝えする内容は、あくまで個人の見解です。
また、競技かるたのスタイルとして「攻めがるた」を推奨しているわけではありません。

続きはKaruta Club Room限定

この記事は全体で約4500文字です

部員の方はログイン